離婚は子供にとって悪影響か。最悪のケース

離婚
スポンサーリンク

離婚をするにあたり、当然子供がいる家庭は子供への影響を考え悩む人がほとんどだと思います。

今回は私の意見や考えを少しおはなししようかと思います。

皆さんの今後の選択の参考となれば幸いです。

世間の一般的な意見

最近になり、近年離婚する夫婦が増えている。と耳にしますね。

それでも離婚はあまりよくないと思う人も多いのが現状だと思います。

「バツ1」と聞くとなにか自然とマイナスイメージを抱く人も多いのではないでしょうか。

すると、当然子供がいる状態での離婚はさらにマイナスイメージになると思います。理由としては、「離婚」が子供に悪影響を及ぼし子供がかわいそうだ。親は子供のことを考えていない。と思われるからです。

実際、こういった世間体を気にして離婚できずにいる人や子供が大きくなってからと仮面夫婦を続ける人も少なくありません。

しかし、離婚理由のDV、虐待、不貞行為など詳しい事情を知ったとたん、マイナスイメージはどこへ行ったのか同情するひとが多くなります。

 

子どもにとって本当に悪影響か

本当に離婚が子供に悪影響を与えるのでしょうか。

私は必ずしもそうとは限らないと思っています。

逆に離婚せず同居していても子供に悪影響を及ぼしている家庭も多くあると思います。

先ほども上げた仮面夫婦もそうですが、間違いなく悪影響でしょう。

子どもというのは言葉にはしないだけで、大人が思っている以上に察して気を使っています。

親と親の間に挟まれ板挟みに、そんなケースもあります。親のけんかを子供が止める最悪な話。

夫婦がつけた仮面は世間には通用しても、子供にはまったく通用しません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました