離婚は子供にとって悪影響か。最悪のケース

離婚
スポンサーリンク

 

ケース別で考える離婚するべきかそうでないか

次にケース別に考えてみましょう。

極端な例なのですべてが当てはまるわけではないですが、納得できる方も多いのではないでしょうか。

夫婦仲が良く、子供も両親と仲がよい

この家庭は離婚しないほうが子供にとってもいいですね。

仲良くやってきた家族がバラバラにとなるのはやはり悪影響はあると思います。

しかし、この家庭が離婚することはないと思います。

 

夫婦仲が悪く、子供はどちらかの親と仲が良い

こちらは離婚したほうが子供も気が楽になる可能性があります。

こういった家庭は親のどちらかがDVや虐待、かぞくを顧みない行動をとっている可能性があります。

DV、虐待がある場合や夫婦仲が良くなる余地がない、子供を一番に考えないのであれば離婚を考えましょう。

子どもが恐怖に思う存在というのはなくしてあげましょう。

 

夫婦仲が悪く、子供は中立の位置

こちらも最悪ですね。

仮面夫婦タイプ。単純に喧嘩が絶えない家庭や冷え切ってしまった夫婦に多いかと思います。

どちらが悪いとも言えない子供は間に挟まれ、子供自身嫌われたくないですからどちらの親とも平等に接しようと気を使います。

こんな生活を送れば家に帰りたくない。と思うのも無理ないでしょう。

しかし、離婚するにも大変なのがこの家庭。当然離婚となれば親権を決めなくてはいけません。

子供がまだ小さければほとんど子供の意見はないようなものですので、両親が親権を要求すれば離婚調停、裁判と泥沼化することは確実です。

離婚してもしなくても子供が苦しむことが見えるので、夫婦仲を改善することが一番の理想ですが、簡単ではないのが現実。

 

最後に

離婚しないことが必ずしも子供にとって幸せとは限りません。

子どもを脅かす存在となっているのであれば今すぐにでも離婚を考えなければいけません。

しかし、両親二人ともが子供のことを愛しているのであれば子供を取り合うのではなく、夫婦仲を改善することをお勧めします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました